なぜグループ活動は置き去り?SuperMに反対の声!日本活動は?

SM所属アーティストを選抜したコラボユニット「SuperM」が10月にアメリカでデビューすることが発表されました。

「SuperM」に選抜されたメンバーのファンからは、このコラボユニットに懸念する声が少なくないようです。そんなファンの反応や、「SuperM」結成から見る事務所の考え方、現段階の日本活動についてまとめておきました!

「SuperM」より本来のグループ活動の充実をしてほしい!との声

「SuperM」の活動よりも、本来のグループ活動の充実に力を入れてほしいとの声が高まっています。

「SuperM」の活動により、本来のグループの活動ができなくなる状態にも繋がってしまうので、そこに対し懸念の声が集まっていました。

この心配については、所属事務所も把握していると語っています。また、何とアーティスト本人も心配しているという事実も明らかに。

歌手の個人とグループを心配しているファンの懸念については、SMの皆が十分に認識しています。複雑な時点でありますが、希望的に考えています。ファンがの方々どのようなことを心配しているか知っています。そして、アーティストたちも心配をしていました。私たちは、この心配と懸念を楽しく刺激的な心に変えようと努力しています。

引用:https://kt.wowkorea.jp/album/249977.html#click=https://t.co/k2LRwJJorx

「刺激的な心に変えよう」というのが具体的にどのような努力なのかが気になるところです。それぞれのグループ活動も並行して行うとするなら、合間を縫って 「SuperM」 のスケジュールを細切れに入れるしかないですよね。
しかし、デビューのプロモーションには力を入れると思うので、実際にはグループ活動が減るという事態が予測できます。 「SuperM」 に注目してもらって、各グループの更なるファン獲得につなげたいという意向もあるのかもしれませんね。

スケジュールどうなるの?体調が心配という声も

本来のグループ活動でツアーが行われているのにもかかわらず、「SuperM」としての準備やプロモーション活動もプラスされる状態になりました。ネットではスケジュールに関して心配する声も少なくない様子。

忙しくなるため、メンバーの体調面が心配されますよね。

何とこちらも、アーティスト自身もスケジュールに不安を感じていることが明らかに。

アーティストたちも心配していましたが、今はもっと多くのファンと接する方法であることを理解しています。私たちSMは、ウェルメイドコンテンツ(※良い作品)の欲求を満たすために努力しており、また、自信もあります。

引用:https://kt.wowkorea.jp/album/249977.html#click=https://t.co/k2LRwJJorx

現段階の日本活動について

2019年8月8日時点では、アメリカでの10月デビューと、韓国での宣伝予定が発表されています。

今のところ日本活動には触れられていませんが、「韓国とアメリカなど」と表記されているようなので、今後発表される可能性は十分あり得ますね。

SuperMは、10月の公開を目標にコンテンツの準備に励んでおり、韓国とアメリカなどで宣伝活動を行う計画だ。

引用:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2123272

おわりに

この動向を見ると、「各グループ活動」はもはや主軸とは捉えていないような会社の意向を感じます。

 

グループ活動よりも、グループ活動で得た実力を持つアーティストにとにかく世界に出てもらいたいという狙いが強そうですね。

 

グループ活動は、世界規模のアーティストをつくるための一つの要素や手段であると考えていそうな雰囲気も感じます。

現在は10月までに「SuperM」のコンテンツをつくる予定ということのみが発表されていますが、このコンテンツの発表もかなり注目を集めそうですね!

関連記事一覧